ミュージカル ピーターパン 概要とこれまでの歴史・歴代キャスト

ミュージカル「ピーターパン」が2018年7月〜8月に上演されます。今回はミュージカル「ピーターパン」の概要と歴史を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ミュージカル「ピーターパン」概要

2018年7月21日(水)〜8月1日(土) 東京国際フォーラムホールC
※キャスト、チケット発売日等は未定

「ピーターパン」はジェームス・マシュー・バリーの戯曲「ケンジントン公園のピーターパン」と小説「ピーターパンとウェンディ」が原作のミュージカル。「ピーターパン」の上演の歴史は古く、ストレートプレイを含めると1904年にロンドンで初演されたのが始まりです。その後もイギリスやアメリカで何度も上演されてきました。

そして1954年に初めてブロードウェイで本格的なミュージカルとして上演されました。有名なピーターパンのフライングシーンは当時からあり、日本でもそれが受け継がれています。

その後、1979年に再演されトニー賞を受賞しています。1990年には再再演、その後も再演を繰り返しています。

日本では、1981年にホリプロの企画・制作で初演されました。当時、ピーターパンを演じたのが榊原郁恵さん。以降、毎年のように夏に公演が行われています。

歴代ピーターパン役

スポンサーリンク

榊原郁恵、沖本富美代、相原勇、宮本裕子、笹本玲奈、中村美貴、宮地真緒、高畑充希、唯月ふうか、吉柳咲良

今年はまだキャスト発表されていませんが吉柳咲良さんが続投されるのでしょうか。発表を楽しみに待ちましょう。

「ピーターパンの」関連映画

ピーターパン関連の映画はこれまで幾つも公開されており、一番古いもので1924年の「ピーターパン」、こちらはまだサイレントの時代です。

1953年にはディズニー映画の「ピーターパン」が、2002年にはその続編が公開されています。

そのほか、2004年にジョニー・デップ主演の「ネバーランド」、2015年には、リーヴァイ・ミラー、ヒュー・ジャックマン主演の「PAN〜ネバーランド、夢のはじまり」が公開されています。

CD・DVD化の情報

海外版は1954年のブロードウェイオリジナルキャスト版ほか、オランダキャスト版などがあります。

日本ではホリプロが公演時にCDを発売しており、榊原郁恵さん、高畑充希さん、唯月ふうかさんのCDは確認できました。現在は中古のみなので、ヤフオクなどで探すしか方法はなさそうです。

まとめ

毎夏恒例のミュージカル「ピーターパン」、大人でも十分楽しめる作品ですので、一度観に行かれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です