ラ・ラ・ランドinコンサート アンコール公演開催 2018年4月〜概要と予習するなら?

2017年9〜10月に行なわれたラ・ラ・ランドinコンサートのアンコール公演が2018年4月から開催されます。今回はラ・ラ・ランドinコンサートの概要と見どころを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ラ・ラ・ランドinコンサートの概要

日程:2018年4月30日(月・祝)14時/18時〜 東京国際フォーラム・ホールA/5月2日(水)19時〜 名古屋国際会議場センチュリーホール/5月3日(木・祝)17時〜 神戸国際会館こくさいホール

上演時間:2時間35分(休憩20分含む)

上映作品:「ラ・ラ・ランド」※英語・日本語字幕付き音楽(楽曲)
ジャスティン・ハーウィッツ

指揮:エリック・オクスナー
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
ゲスト:ウェイン・バージェロン(オリジナルサウンドトラックのトランぺッター)

チケット:S席 9800円 A席 7800円(税込・全席指定)/一般発売日1月13日(土)

映画公開年:2016年(日本では2017年2月)公開(製作国アメリカ)
デミアン・チャゼル監督
キャスト:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーンほか
ゴールデングローブ賞7部門受賞、アカデミー賞14部門ノミネート等。

※映画のキャスト・シンガーは今回のラ・ラ・ランドinコンサートには出演しません。

2017年9月〜10月に横浜、名古屋、大阪でララランドコンサートが行われて大好評を博し、今回はそのアンコール公演となります。

このコンサートはシネマ・コンサートという形式で、大きなスクリーンに映画が映し出され、音楽だけは生のオーケストラという豪華な映画といった感じです。シネマ・コンサートはアメリカやヨーロッパで人気となり、最近では日本でもよく行われています。音楽がオーケストラということ以外は普通に映画を見るのと一緒なので、初めて見る人でも楽しむことができます。

スポンサーリンク

ラ・ラ・ランドコンサートに行く前に予習するなら

特に何もしなくても楽しめますが、あえて予習するなら・・・

①映画「ラ・ラ・ランド」を普通に見る
映画を見てストーリーを把握しておき、コンサートでは生オケによる臨場感を楽しみましょう。

②映画のサウンドトラックを聞く
音楽まで覚えていけばこコンサートをより楽しめること間違いなしです。サントラ

③ラ・ラ・ランドがオマージュした作品を見る

映画「ラ・ラ・ランド」のデミアン・チャゼル監督はかなりのミュージカル映画好きで、映画のシーンの至るところで他のミュージカル映画をオマージュしています。特に、映画「バンドワゴン」からは、inコンサートのトップ画面にも出てくるダンスの写真がそっくりです。

そのほか「雨に唄えば」や「シェルブールの雨傘」「ムーラン・ルージュ」「ロシュフォールの恋人たち」等々、ミュージカルの名作のワンシーンを思わせるシーンが多数登場します。

まとめ

コンサートまで時間がある方は、ラ・ラ・ランドの映画を見て、どのシーンがオマージュなのか探してみるのも面白いかもしれません。

シネマ・コンサートは特別感があって、映画ファンでも初見の方でも楽しめるので、ぜひ一度行かれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です