ミュージカル ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812 2019年1月 井上芳雄主演!

ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」が2019年の1月に公演されることが決定しました。主演は井上芳雄さん!本作の概要や舞台化の歴史、CDの発売状況などについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

公演日程・会場・チケット

公演日程:2019年1月
会場:東京芸術劇場プレイハウス(池袋)

詳細な日程やチケットの発売日等は未定です。決まり次第更新いたします。

キャスト・スタッフ

音楽・詞・脚本・オーケストレーション:デイブ・マロイ
演出:小林香
原作:レフ・トルストイ「戦争と平和」

主演:井上芳雄

製作:東宝、ニッポン放送

演出家の小林香さんは、ミュージカル「君はいい人、チャーリーブラウン」や「カルメン」、今回主演の井上芳雄さんのコンサートの演出などをされてきた方です。

井上芳雄さんは、堂本光一さんと共演される2018年7~10月のミュージカル「ナイツ・テイル」に続くミュージカル主演の発表となりました。

本ミュージカルの概要

本作はレフ・トルストイの小説「戦争と平和」全4巻のうち、2巻を描いた作品です。19世紀前半のナポレオンのロシア遠征やそれに伴う戦争などの歴史を背景に、2巻では1805年〜1813年ころの様子をナターシャとピエールという2人の男女の恋とともに描かれる構成になっており、作品の中でも特に恋愛要素の多い部分です。

スポンサーリンク

とても長いタイトルで覚えるのが大変ですが、区切って見ていくと、「ナターシャ・ピエール」はそれぞれ主人公の女性ナターシャと男性ピエールの名前で、ミュージカルでは終始登場し、この2人の恋が描かれます。

グレート・コメットは大彗星(これも物語に大きく関係してきます)のことで、「ザ・グレート・コメット・オブ・1812」は、1812年の大彗星という意味です。歴史上では1811年3月にに彗星が出現し、1812まで続いたそうです。ナポレオンはこの彗星を自分の勝機と捉え、このころにロシアに侵攻しました。

本ミュージカルは、ブロードウェイで2016年に初演され、2017年にはトニー賞12部門にノミネートされました。それ以前にオフ・ブロードウェイでも上演されています。

ブロードウェイでは、舞台が劇場中央に置かれ、客席が周りを囲むという特殊な形で、より舞台と客席が近く臨場感を味わえるつくりになっています。日本でもそのような形になるのでしょうが、席はどこを選ぶか迷いそうですね。

映画やCDは?

1956年には、オードリー・ヘップバーン&ヘンリー・フォンダ主演で、映画「戦争と平和」が公開されています。原作小説の「戦争と平和」のストーリーを知りたい方はこちらをおすすめします。

CDについては、オフ・ブロードウェイ版とブロードウェイ版、どちらも発売されています。

まとめ

キャストの発表など続報を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です