Rock Musical 5DAYS 辺境のロミオとジュリエット 概要 キャスト あらすじ等

ロックミュージカル「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」が2018年の4月に開幕します。「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」の日程、あらすじ、キャスト、これまでの舞台化やCDがあるかについてご紹介します。

スポンサーリンク

5DAYS 辺境のロミオとジュリエットの日程

2018年4月3日(火)〜4月23日(月)
KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ

5DAYS 辺境のロミオとジュリエットのキャスト

ハワル:東 啓介
リェータ:豊原江理佳
ポドフ:柳下 大
ナウチ:中山義紘
シーラ:大山真志
ドゥーシャ:マルシア

脚本・作詞・演出:石丸さち子
音楽:和田俊輔
企画・製作:ワタナベエンターテインメント/シーエイティプロデュース

5DAYS 辺境のロミオとジュリエットのあらすじ

2018年、辺境のための経済復興特別区【グラント】に“ライン”が引かれた。
【デルヒ】と【ゼムリャ】に分かれた二つの街の対立は、驚くべき速さで激化していく。【デルヒ】のハワル(東啓介)はある日、友人のポドフ(柳下大)、ナウチ(中山義紘)らと、ゼムリャの祭りにもぐり込めることになった。“ライン”上に暮らす女・ドゥーシャ(マルシア)の導きで。
そこで、リェータ(豊原江理佳)とハワルは瞬く間に恋に落ちる。しかし、リェータの兄シーラ(大山真志)は、ゼムリャの血と種を守る民族運動の若きリーダーだった。転がるように恋し合うハワルとリェータであったが、血気にはやるシーラとポドフが衝突し、二人は引き裂かれていく。街の争い、人々の争いの中、愛を知った二つの命が選ぶ道は・・・。(公式サイトより)

スポンサーリンク

5DAYS 辺境のロミオとジュリエットのチケット

一般発売開始日 2018年2月3日(土)10時〜
料金 全席6,800円(全席指定/税込)

5DAYS 辺境のロミオとジュリエットの概要

シェイクスピア作の「ロミオとジュリエット」の現代版で日本発のオリジナルミュージカルです。

脚本・演出は石丸ちさ子氏。これまでシェイクスピア作品など、さまざまな演出を手がけており、ミュージカル「Color of Life」の演出家として注目された人物です。近年ではミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」や「マタ・ハリ」の演出なども手がけています。

音楽は和田俊輔氏。作曲家として、近年は「ハイキュー!!」や「黒執事」「NARUTO」など2.5次元ミュージカルの音楽を多く手がけています。

主演ハワル役は東啓介さん。ミュージカル「刀剣乱舞」や「スカーレット・ピンパーネル」「マタ・ハリ」など多くのミュージカルに出演しており、石丸ちさ子氏演出の作品には3作連続で出演しています。ハワルはロミオとジュリエットでいうロミオの役どころとなります。

5DAYS 辺境のロミオとジュリエットのCD

初めての作品なのでCDやDVDはもちろん出ていませんが、開幕まで待ちきれないという方は、映画版「ロミオとジュリエット」を見て、どのようなストーリーになるのか予測してみてはいかがでしょうか。音楽は和田俊輔さん作曲の音楽をユーチューブで聞いてみましょう。
ロックミュージカルというくらいなので、音楽も若者たちの熱い気持ちを描いたかっこよい仕上がりになることが期待されます!

まとめ

劇場はKAAT神奈川芸術劇場で、日本のオフ・ブロードウェイと言われている場所。新しい作品が生まれる場所でもあります。どんな作品になるかは未知数ですが、今注目の演出家や作曲家、俳優が集ってつくられる作品に期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です