ミュージカル マイフェアレディあらすじ DVD 感想 動画 再演決定!

ミュージカル「マイフェアレディ」の再演が2018年に決定しましたね。そこでマイフェアレディのあらすじやCD・DVDが出ているか、また以前までの舞台の感想や動画をご紹介したいと思います。再演に向けて、あらすじや曲を予習しておきましょう!

スポンサーリンク

ミュージカル「マイフェアレディ」あらすじは?

舞台は1912年のロンドン。町で花売りをして生計を立てている娘イライザ。彼女の話し方はなまりがひどく、お世辞にもきれいとは言えない。ヒギンズ教授はそんな彼女を見て、自分なら半年で一人前のレディにできると言う。半信半疑でヒギンズ教授宅を訪ねたイライザ。ヒギンズ教授の友人ピッカリング大佐の後押しもあり、ヒギンズ教授宅でみっちり教育を受けることに。きれいな話し方を見につけ、やがて社交界にデビューするが・・・。

これまでの舞台化・映画化は?

ミュージカル「マイフェアレディ」は、ジョージ・バーナード・ショーの戯曲「ピグマリオン」が原作です。

1956年に、ジュリー・アンドリュースをイライザ役、レックス・ハリソンをヒギンズ教授役としてブロードウェイで舞台化され、6年半にわたるロングランの末、クローズ。トニー賞6部門にノミネートされました。

映画は1964年、オードリー・ヘップバーンをイライザ役に、ヒギンズ教授は舞台と同じレックス・ハリソンを充て公開され大ヒット。アカデミー賞8部門にノミネートされました。歌唱シーンはヘップバーンではなく、マーク・ニクソンという方が歌っています。

ちなみに舞台版の主役を演じていたジュリー・アンドリュースは、当時あまり有名でなかったことから、ヘップバーンに主役を奪われますが、あの有名な映画「メリー・ポピンズ」の主人公メリー・ポピンズを演じて、こちらも大ヒットしました。

日本では映画が公開されるより前の1963年に東宝の製作で舞台化。イライザ役に江利チエミさん、ヒギンズ教授役に高島忠夫さんを起用し、日本で初めて海外の作品を翻訳したミュージカルとして上演されました。

その後、キャストを変えて何度も上演され、1990年〜2010年の公演では大地真央さんが繰り返しイライザを演じました。

2013年は日本での公演50周年を迎え、キャストや演出を一新。イライザは霧矢大夢さん、真飛聖さんのダブルキャスト、ヒギンズ教授は寺脇康文さんが演じました。その3年後の2016年の公演でも同キャストで演じられました。

そして、2018年再演が決まり、イライザ役を神田沙也加さん、朝夏まなとさん、ヒギンズ教授役を寺脇康文さんと別所哲也さんのダブルキャストで演じることとなりました。こまでイライザ役は宝塚の方の専売特許のような感じでしたが、神田沙也加さんが演じられるということでまた新しい風が吹きそうですね。ご本人はずっとやりたかった役だったようで、ついに念願がかなったとおっしゃっています。

スポンサーリンク

ミュージカル「マイフェアレディ」DVDやCDは?予習するなら?

残念ながら日本版のミュージカル公演のDVDやCDは出ていません。ストーリーを予習するなら、映画「マイフェアレディ」を見るのがよいでしょう。また、そのもととなった「ピグマリオン」という映画もありますので、見比べてみるのも面白いかもしれません。

曲を予習するなら、YouTubeで過去のゲネプロ等の動画を探すか、ブロードウェイ版、ロンドン版、ドイツ版のCDが出ていますので、そちらを聞いてみましょう。Amazon等で購入できます。

1956年ブロードウェイ初演時のキャストCDストリーミングでも聞くことができます。

ミュージカル「マイフェアレディ」感想・動画

2016年公演を見た人の感想は?

2016年の霧矢大夢さん、真飛聖さん、寺脇康文さんのマイフェアレディを観に行った方の感想です。

2018年コメント動画

公演期間・会場

2018年
9月16日(日)〜30日(日) 東急シアターオーブ(東京)
10月6日(土)~7日(日) 久留米シティプラザ(福岡)
10月10日(水)~11日(木) 上野学園ホール(広島)
10月19日(金)〜21日(日) 梅田芸術劇場(大阪)
10月24日(水)~25日(木) 日本特殊陶業市民会館(愛知)
10月31日(水)~11月1日(木) iichiko総合文化センター(大分)

チケット前売発売 2018年夏予定

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です