ミュージカルを安く見る方法 チケットを割引することはできるか

ミュージカルって楽しいけど、チケットの値段が結構高いですよね。割引等で少しでも安く見る方法はないか気になる方も多いはず。今回はそんなミュージカルを安く見る方法やチケットを割引する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ミュージカルを安く見る方法は?チケットの割引等

それでは早速、チケットを割引価格でゲットする方法を幾つかご紹介していきたいと思います。

学割、U―25割を利用する

ミュージカルのチケットは、学割やU-25(又はU―24)といった割引制度のある劇場、または作品ごとに割引価格でチケットを提供しているものもあります。多くの場合、劇場が用意している割引を利用したい場合は事前の登録が必要で、作品ごとの場合はプレイガイド等でチケットをプレイガイド等で購入し、鑑賞日当日に年齢確認のできるものを用意していく必要があります。また、当日券のみ学割やU―25チケットなどを販売する場合もあります。

公演開始日の数週間前くらいになって残席がある場合、その席が割引の値段で販売される場合もあれば、同じ席種を一般料金の半額で買える場合もありますので、学生の方や25歳以下、24歳以下の方はこちらを利用しない手はありません。見たい作品が決まっていたら、まずは学割等がないかチェックしてみましょう。

※学割、U―25等の割引制度が確認できた劇場
・劇団四季
・世田谷パブリックシアター
・新国立劇場

会員価格で購入する

チケットぴあやeプラスなどのチケット購入サイトの会員や、宝塚の「宝塚友の会」や劇団四季の「四季の会」などの会員になれば、チケットを会員価格で安く購入することができます。

例えばチケットぴあを使ってよくチケットを購入する方であれば、会員のメルマガに登録しておけば、数千円の割引チケットや前から何列目まで等の良席のチケットの案内が来ることがあります。また、プレミアム会員になればチケットの最速抽選に申し込めるなどの特典があり、人気で手に入りづらいチケットを誰よりも早く入手することができます。また、eプラスには、「得チケ」という会員だけの割引サービスがあります。

宝塚友の会や四季の会は、入会金・年会費はかかりますが、会員だけの先行抽選や良席の抽選に申し込めたり、席自体を一般価格よりも安く購入することができます。年に何度か観に行く方であれば、会員になったほうが断然お得です。

スポンサーリンク

そのほかに「カンフェティ」というサイトでも会員になれば割引価格で購入でき、手数料が安いなどの特徴があります。それぞれの会員ごとに様々な特典がついていますので、よく利用するチケットサイトや劇場がある場合は、そちらのホームページ等もチェックしてみてください。

クレジットカード会社の割引を利用する

クレジットカード会社で割引価格のチケットを提供しているところもあります。
例えば三井住友VISAカード(MASTERカード)をお持ちの方は、三井住友カードのVpass会員というサービスに登録すればチケットを割引価格で買うことができます。

また、マルイのエポスカードやセゾンカードも作品によっては割引のチケットを用意していることもあります。その他のクレジットカード会社にもそういったサービスを実施しているところもあるかもしれないので、お持ちのクレジットカードをぜひチェックしてみてください。

東京都の割引を利用する

東京都では「都民半額観劇会」といった制度があり、年4回、見たい作品をはがきで募り、当選者は一般料金から半額の値段で作品を観ることができます。選べる作品や日時やは決まっていますが、話題のミュージカル作品も複数ありますので、もし見たい作品と都合が合う日があれば、ぜひ応募してみてください。ちなみに都民でなくても利用可能です。

金券ショップで購入する

日比谷、有楽町など劇場の集まる場所にある金券ショップでは、ミュージカルのチケットが多く販売されています。見たい作品や日時が合うかどうかは行ってみないとわかりませんが、どんな作品でもいいから安く見たいと思う方であれば、利用してみるのも手です。

バスツアーの観劇プランでお安く

バスツアーの中にミュージカルの観劇が含まれているものもあります。1万円~2万円で観劇と有名ホテルでのランチブッフェやディナーできるので、友達や家族と観劇だけじゃなく食事も楽しみたいといった方はおすすめです。しかし、席は2階席であったり前方の席ではないことも多いので、そこはよく確認したほうがよいでしょう。

ネットで定価以下のチケットを探す

やはり安いチケットを探すにはネットが便利です。しかし最近は転売チケットだと会場に入れないといったこともありますので、ネットでの取引には十分注意しましょう。

まとめ

ミュージカルを安く見る方法、割引制度についてはいかがでしたでしょうか。ミュージカルは本来映画と同じように気軽に見に行けるものであるべきですが、見に行きたくてもチケットが高くて敬遠してしまう人もいるでしょう。ぜひ少しでもチケットを安く手に入れて、観劇の機会を増やしていただけたらいいなと思います。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です